早漏克服への道

早漏に悩む男性の多くの原因は心因性だといわれています。特に若者が早漏になる人が多くて、ストレスが起因して早漏になってしまいます。早漏は病気ではないので命には関わらないですが、早漏を治すことで自信がつくと思うので、早漏を克服しましょう!

ダポキセチンの成分が入ってる薬の種類

このエントリーをはてなブックマークに追加

ダポキセチンの成分が入っている薬の種類としてはSSRIと呼ばれているものなので、日本においては他のSSRIが精神科などで処方されています。
ダポキセチンを手に入れるためにはインターネットなどの通販サイトを利用する方法や、早漏などの専門的な医療機関などで処方してもらう方法があります。
ダポキセチンはジェネリック医薬品なので価格は日本の他のSSRIなどに比べると安いのですが、健康保険が適用されないのである程度のコストがかかります。ダポキセチン化学式
ダポキセチンは早漏の男性が服用することで射精時間を長くすることができるのですが、これはSSRIの副作用によるものなので、すべての人に効果が実感できるとは限りません。
しかし脳の過剰な興奮や不安などを抑えることができるので、早漏を改善することができます。一般的には亀頭が刺激に弱いのが早漏患者の特徴なのですが、そのために亀頭に局所麻酔薬などを塗布することは一時的には効果を得られるのですが、根本的な治療にはなりません。精神的なストレスを軽減するためには交感神経の興奮を抑えなければならないので、落ち着いた気持ちでセックスができるようにダポキセチンなどの薬を服用することも効果的で、通常のセックスができる事を脳が認知することで早漏を改善することができます。また認知行動療法によって治すことも可能なのですが、その場合には専門家のアドバイスが必要とされていて、少しずつ自信を深めていくような方法がとられます。
ダポキセチンは効果的な薬なのですが、すべての人に効果が実感できるものではないので、1ヶ月以上服用したにも関わらず効果が見られない場合には、服用を少しずつ減らしながら中止することが大切です。