早漏克服への道

早漏に悩む男性の多くの原因は心因性だといわれています。特に若者が早漏になる人が多くて、ストレスが起因して早漏になってしまいます。早漏は病気ではないので命には関わらないですが、早漏を治すことで自信がつくと思うので、早漏を克服しましょう!

ジェネリック医薬品のダポキセチンで早漏を直す方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

ダポキセチンとは早漏を直す薬ですが、早漏のために開発されたものではないので、関係のない部分に副作用が出る可能性があります。また射精の時間を遅らせることができますが、服用し続けていると効果が弱くなったり、逆に射精の時間が長くなりすぎてなかなか射精できなくなることもあるので、ダポキセチンを服用するときは必ずマニュアルなどを確認して使用上の注意を守らなければなりません。
もともとSSRIのジェネリック医薬品なので、ダポキセチンは比較的安い価格でインターネットなどで手に入れることができますが、ジェネリック医薬品の正規メーカーから購入しないと偽物が贈られてくるリスクもあるので信頼できる業者に依頼をしなければなりません。ジェネリック医薬品は特許が切れた薬をメーカーが製造しているので有効成分は同じなのですが、品質に関してはメーカーによってばらつきがあるので、安全性の高い薬を手に入れるためにはアメリカなどのメーカーを選択する必要があります。ジェネリック医薬品イメージ
早漏を直すためには精神的なストレスや不安を解消しなければならないのですが、SSRIはもともと鬱病による不安を軽減させる効果があるので、根本的に直すことができます。
しかしダポキセチンには副作用もあるので、慣れるまでには2週間から1ヶ月程度かかるとされていて、それまでの期間は効果が実感できない可能性もあります。またダポキセチンは薬の量を減らしたり、服用を中止する場合には徐々に量を減らさないと頭が痺れるなどの症状が出るとされているので、医師の指導にしたがって減薬をする必要があります。
長期間服用を続けていると薬を中止するための期間も長くなるので、毎週少しずつ量を減らすなどの工夫が必要になります。