早漏克服への道

早漏に悩む男性の多くの原因は心因性だといわれています。特に若者が早漏になる人が多くて、ストレスが起因して早漏になってしまいます。早漏は病気ではないので命には関わらないですが、早漏を治すことで自信がつくと思うので、早漏を克服しましょう!

早漏を早急に治療した方がいい理由

このエントリーをはてなブックマークに追加

早漏を早急に遅漏した方がいい理由は二つあります。 まず一つは女性を満足させられないからです。ベッド上のカップル セックスはカップルにとっても夫婦にとっても大切なコミュニケーションの一つです。男性がいつも先にいってしまっていては女性はいつまでたっても満足できません。
女性がオーガズムに達すると脳内で幸せ物質と呼ばれるドーパミンという神経伝達物質が分泌されます。このことによって女性は幸福感を感じるのです。女性が先にいくぶんには問題ありませんが、男性が先にいってしまってはその後使い物になりませんので、女性は非常に中途半端な体と心でセックスを終了することになります。
男性のセックス直滑降で射精をして終了ですが、女性のセックスは気持ちと共に徐々に高まり、いった後も余韻が長く続きます。その為不完全燃焼なセックスを繰り返すばかりだと気持ちも離れてってしまいます。
もう一つは新鮮な精子を子宮まで届けられないことです。
類人猿の中でも人間の男性器は突出した形状をしています。ゴリラの性器は3センチほどですし、チンパンジーは先が細くなっています。ではなぜ人間の男性器だけが大きく長く、先に返しが付いているかというと自分より前に射精した男の精子をピストン運動でかき出すためなのです。女性の浮気云々の話ではなく、その精子は以前に射精したご自身の物でもあります。全てではなくてもほとんどをかき出すにはある程度の時間やピストン運動の回数が必要になります。
以前に注入した古い精子をかき出し新鮮な精子を注入することで元気な精子が受精する確率が上がります。その為良い遺伝子を後世へつなぐことにもなります。それが出来ないという事は劣化した精子が受精できずに妊娠に繋がらない可能性も出てくるのです。早漏はご自分でも改善可能ですので、鍛える事をあきらめずにトライしてみてください。

早漏に対する世の女性の意見

男性にとっては「今後の人生を左右するほどの問題」となり得る「早漏」ですが、女性から見た場合にどのような意見が多いのかと言うと、「気にしない」です。もちろん、女性によっては「物足りない」と言ったネガティブな意見を持っている人も居ますが、むしろ「遅漏よりも良い」という認識で早漏を考えている女性は非常に多いです。
ベッドからの女性の意見 そもそも、早漏の定義は「挿入後1分以内、もしくは挿入以前に射精してしまう状態」を指します。医学的な定義としてはこのようになりますが、日本人男性の平均的な挿入時間が7分程度と言うことを加味して考えると、少なくとも3分程度は挿入状態を維持することが出来ないと女性から早漏と感じられてしまう可能性が高いと言うことです。
「挿入時間7分」と聞いて、長いと思うか短いと思うかは男性に寄りますが、結果的に「女性が満足出来るか」によって必要な時間は変わってきます。また、女性の満足度は挿入時間でのみ判断されるものではなく、「精神的な満足度」に左右されると言うことも覚えておく必要があります。
極端に言えば、「医学的な早漏の定義である1分の挿入時間だったとしても、その間に女性が十分な満足度を感じることが出来れば早漏ではない」と考えることが可能であると言うことです。その為に必要なことは、前戯・後戯をしっかりと行うことや以前~以後までの総合的なシチュエーションづくりなどが大きく影響します。
「女性は早漏の男性が嫌いだ」と思い込んでいる男性は多いものの、実はその認識は正しいものではないと言うことをしっかりと認識することが大切です。そもそも女性の側がそれ程ネガティブな印象を持っていることが少ない訳ですから、男性もその感覚に合わせて考えるようにしていきましょう。
また、勃起力に関しても一般的には硬いほうが良いと言われています。勃起力は他人と比べることがほぼ不可能ではありますが、例えば30代後半の男性が学生だったときの勃起力を思い返すと衰えていると実感する方も増えてくる年代でしょう。ですが前述の早漏問題と一緒に勃起力の改善も行えるタダポックスという治療薬があります。これはED治療薬の成分と早漏改善の成分が含有されていますので2つの症状に悩む方には最適な薬となっています。

早漏治療薬はプリリジー

早漏に悩む人の中で早漏防止薬を使う方は多いでしょう。そんな方の救世主となる存在がプリリジーです。発売以来、世界各国の早漏に悩む男性の力になり続けています。性交渉の1時間から3時間前に服用しておけば、射精までの時間がそれまでの3倍から4倍になるとされており、早漏で悩んでいた多くの男性の自信回復に役立っています。
プリリジーは日本では未承認の薬です。しかし厚生労働省の許可を受けた一部の専門クリニックにおいては、プリリジーを処方してもらうことも可能です。ただし健康保険の対象外になりますので、かかった費用はすべて自己負担です。性交渉のたびに服用が必要になりますので、金銭的な負担は少し気になるところでしょう。
プリリジー もっとも最近はプリリジーをネット通販でも購入できるようになりました。日本では未承認の海外製の薬も、個人的に使用すること自体が禁止されているわけではありません。インターネット上には薬の個人輸入を代行してくれる業者もたくさん存在していますので、そのようなところを利用すれば、知識のない素人でも簡単に薬を購入することができるのです。
個人輸入代行サイトを利用すれば、薬代だけの出費で済みますので、医療機関で処方してもらうよりもコストを抑えることができます。またいつでも購入できるので常備することができ、いざという時にも安心です。ただし近頃は粗悪品を販売するサイトなど悪質な業者が存在することも話題となっており、信頼できる業者選びがとても大切になっています。さらに安全性が高いプリリジーといえども、薬であるからには副作用や飲み合わせについては注意が必要です。
心臓や肝臓、腎臓などに既往症を抱えている人や、高血圧で治療を受けている人は服用にリスクが伴いますので、必ず医師に相談するようにしましょう。